takuto1.jpg

- C.U.L.T.U.R.E Director -

Takuto Nagao

AUTOHとして古着をメインとしたセレクト、コンセプトショップを運営、そしてスタイリングを含めた衣装製作などで活躍中のTAKUTO。現在C.U.L.T.U.R.Eのデザイナーとして活動を開始した彼に、彼の作る服が映し出す人生観とC.U.L.T.U.R.Eで生み出そうとしている新しい生地体験についての話を聞いた。

 

-今やっている活動と仕事内容を教えてください。

T:C.U.L.T.U.R.Eのブランドのアイディアから、生産までを手がけています。

自分はAUTOHという名義で元々古着屋さんをやっていて、お店作りとか接客といった活動から実際に自分で洋服を作ることに派生していきました。今工場だったりパタンナーさんたちとのやり取りをしながら、いろんな人たちの力を借りて1つの作品を作っていくっていう感覚で洋服を作っています。

 

-売り手から作り手に変わったきっかけは何ですか?

T:やっぱり説得力を持たせたいっていうのが1番ですね。

自分が売ったものをお客さんが着るわけじゃないですか。

だから自分が作ったものを直接お客さんに届けたいっていう強く思って、やりたいと思いました。

 

-人のものを売ることと自分のものを売ること、何が違いましたか?

T:お店に立って売るってある種のかっこつけというか、まずかっこよくないと売れないと思うんですけど、自分が作ってないものをかっこつけて売ることに違和感を覚えてしまって。だから一から、生地から責任持って作ったものを人に着てもらえるっていうのが大きな喜びなのかなと思っています。あと単純に好きなデザイナーさんやそういった憧れの人たちに近づきたいっていう気持ちもあって洋服を作り始めました。

 

-洋服を作るときに1番大事にしていることは何ですか?

T:1番大事にしていることは、自分自身が着用しすることでクオリティーコントロールをすることです。

 

-クオリティーコントロールとは?

T:使っていてすぐに破損したりとか着心地が良くないだとか、使って初めてわかる良さと悪さを自分の中できちんと解釈してから物を届けたいと思っています。

自分自身で着用してみて、洗濯の仕方も普段よりもラフにしてみたりだとかそういうことでものの良さと、正直に悪さも含めて、メリットとデメリットをお客さんに伝えられたら納得してもらえるのかなって思うので、自分で使うことを大事にしています。あとは、世の中に洋服が溢れているので、何かしら自分なりに挑戦をするということを大事にしています。

takuto5.jpg

-C.U.L.T.U.R.Eを始めたのはどういったきっかけがあったからですか?

T:C.U.L.T.U.R.Eを始めたのは、衣装製作で出会ったCrystal LakeのメンバーのYDさんとRYOくん、そのマネージャーのKOTAさんから、アパレルブランドを立ち上げたいとお話をいただいたことがきっかけでした。

 

-誘いを受けて参加しようと思った理由はありますか?

T:まずC.U.L.T.U.R.Eのブランドの哲学に共感したからです。

音楽をやっていようと、料理をつくっていようと、洋服を作っていようと、皆にそれぞれのカルチャーがあって。

届けたい相手がバンドのファンだけではなくて、あらゆる人にフィットするものを作りたいっていう哲学に共感したからです。

 

-C.U.L.T.U.R.Eのターゲットはどういう人たちですか?

T:まずは身の回りの人たちに着てもらいたいです。

今自分を支えてくれている人と憧れている人たちもです。

あとは自分にそういう知識をくれた人たちやお世話になった人たちに着てほしいですね。

 

-C.U.L.T.U.R.Eの服を作る上で最もこだわっていることは?

T:実際に人がそれを着て、着心地がいいと思ったり、普段の生活が華やかになったり、すごく居心地の良い時間を過ごせるように作りたいとという思いを一番大事にしてます。

それに、古着に向き合っていた時間が長かったので、エイジングというか、使っているうちに生地がどういった変化を見せるのかを見て、ものが良い変化をしていくようにこだわって作っています。

あとは、一見わからないような縫製の美しさだったり、裾の折り返しの幅だったりとか。もっといえばステッチの運針数とか、何センチ間にどれくらいのステッチがあることで、それがカジュアルに見えるのかドレッシーに見えるのかなど、ブランドのアシスタントで働いていた時に教わった知識を反映させて作っています。

 

-C.U.L.T.U.R.Eの服のシェイプで大事にしているところは何でしょうか?

T:リラックス感があるオーバーなシルエットでありながらも品良く見えることです。

大きいシルエットを着ることで出るドレープ感だったり、生地の贅沢さだったりを感じてもらえるものを作っています。

 

-生地選びでこだわっていることはありますか?

T:生地を選定する上で大事にしていることは、着る環境に応じて着心地が良いか悪いかを見極めることです。

やっぱり直接肌に触れるものなので。ポリエステルなのかナイロンなのかレーヨンなのかコットンなのか、どういう素材が一番アイテムに適しているのかを考えて選んでいます。

それに、デイリーにどんな環境下でも着心地良く着れるものを作りたいと思っていて、かつ素材に対して挑戦をしています。

今回使用しているの生地は少し光沢感があるんですが、一見コットンのTシャツって光沢感があるように見えなかったり、品が良く見えるものとしてあまり見られていないと思うんですけど、そういう認識を覆して超えたいんです。

使っている人がこれって本当にコットンなのとか、本当にナイロンなのって驚いてもらえるような素材を使っています。

 

-C.U.L.T.U.R.Eには様々なラインナップがありますが、それぞれのアイテムを選んだ理由は何でしょうか?

T:やっぱり良いものを作りたくて、自分たちの知識やセンスが最大限に発揮できるものを一個一個みんなでクリアしていくのが大事なのかなと思ったので、最初はベーシックなものから始めました。これからいろんなアイテム作りに挑戦していくと思うんですけど、まずはそうやってひとつひとつしっかりこだわって良いものを作りたいっていうのががみんなが共通して持っている思いです。

takuto6.jpg

-ご自身でC.U.L.T.U.R.Eを着てみた印象はどうですか?

T:普段は古着を着ることが多いので、シュッとするというか。

さわやかな気持ちになるアイテムが多いですね。着心地も非常に良いです。

生地感の良さだとか、あとリラックスしたフォルムに作っているので、そうした部分と美しい生地感の掛け合わせが気持ちいい。場所を選ばないでリラックスしていてかつ上品な印象。

やっぱり洋服って出向く先に応じて変えるものだと思うんですけど、C.U.L.T.U.R.Eの服はリラックスしながらも品があるのですごく着心地がいいです。気負いすることなく着れるものだと思います。

 

-次に挑戦してみたいことは何でしょうか?

T:洋服ってデイリーに使うものでありつつもやっぱり一つの作品だと思ってるんで、コートだとかテーラードジャケットみたいなトラッドなアイテム作りにも挑戦したいです。

あとは、アウトドアのマウンテンパーカーだとか、あらゆる気候に対応するものとか、アウトドアを楽しむ人たちに気に入ってもらえるものも。自分は自転車に乗るんで、その中で使い心地が良いものを、世の中に流通しているものよりも自分たちの解釈でより使い心地が良いものを模索して作って行けたらと思っています。

 

-仕事中に身につけるものやプライベートで身につけるものを意識して分けていますか?

T:昔から意識していることなんですが、極力イメージがつかないものを身につけるようにしています。

自分が生み出すものに振り幅を作るために、自分はよりミニマルに。

ファッションは何を着てても正解だと思っています。何がいけてるいけてないっていう話ではなくて。

C.U.L.T.U.R.Eのブランドコンセプトもそうなんですけど、人にフォーカスして、もちろん自分にもフォーカスして洋服を選ぶようにしています。

 

-自分が何かを作って生むということ=アートやカルチャーを産むということだと思うんですが、洋服を作る中で、自身がカルチャーを生み出しているという感覚はありますか?

T:自分がカルチャーを生み出しているって感覚はないです。やっぱりカルチャーっていつのまにか出来上がっているものなのかなと思うので、そこは意識はあまりしていません。

 

-今活動の中で打ち出したいことや伝えたいことはありますか?

T:洋服ってTシャツ一つとってみても、プリントがあるとかないとかそういう話ではなくて、そのフォルムになるまでの過程がありますよね。その過程の中にたくさんのプロフェッショナルな人たちが関わっていて、それを消費者というか自分たちの服を着用してもらう人たちに伝えるのがある種自分の中で使命だと思っています。

洋服作る上で自分の力だけじゃ何も作ることはできないと思っているので、生地屋さんは技術がどんどん進化していくので、それも含めて一緒にすごいねって言ってもらえる服を作る。工場さんすごいねとか生地屋さんすごいねとかそういってもらえるようなもの作りをしたいです。工場さんも生地屋さんもデザインする側も、みんなで挑戦して一個の作品を作るって思いで作っています。

 

-TAKUTOさんにとってデザインとは何かを一言で表すとすれば何と言いますか?

T:ぱっと見でわからないような、目に見えないもの。

時間だったり、そういうものが費やされたところ全てがデザインだと思っています

 

-最後に、洋服作りで大事にしていることや生き方を一言で表してください。

T:人に喜んでもらうっていうことです。